野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • ここまで7回を投げ切った投手はゼロ…DeNA、踏ん張れない先発投手陣に課題

ここまで7回を投げ切った投手はゼロ…DeNA、踏ん張れない先発投手陣に課題

DeNAは7日、中日戦(ナゴヤドーム)に5-7で逆転負けを喫し、最下位の中日に今季初白星を献上。0.5差に肉薄された。

20170408_kline

最下位中日に今季初白星献上、0.5差に

 DeNAは7日、中日戦(ナゴヤドーム)に5-7で逆転負けを喫し、最下位の中日に今季初白星を献上。0.5差に肉薄された。

 厳しい敗戦だった。先発の新外国人、クラインは5回に味方が5-4に逆転した直後、2死から四球と安打を浴び一、二塁とされると、すでに97球に達していたために交代となった。2番手の田中健が京田を三振に斬ったが、落とし穴は7回にあった。

 6回からイニングをまたいでの投球となった3番手の須田が1死から連続安打で一、二塁として降板。ここでマウンドに上がったのはドラフト8位の進藤。1点リードのピンチ場面というシチュエーションはルーキーには酷だった。ビシエドに中前へのタイムリーで同点とされると、さらに連続四死球で勝ち越しを許す。藤井にも犠飛を浴び、2点ビハインドとなり、逃げ切られた。

 ラミレス監督が描く、「勝利の方程式」は7回パットン、8回三上、9回山崎康。さらに現在は左腕の砂田も好調だ。通常なら盤石リレーで逃げ切りたかったが、パットン、砂田は前日6日に登板し、開幕から6戦目を終えた時点で、ともに4試合に登板。いずれも厳しい場面での投球で消耗が大きく、この日は投げさせることができなかった。5番手に投げた三上は、この日で早くも5試合目だ。

人気記事ランキング