野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元中日チェンがメジャー初ヒット! 連続無安打57打席で止まる

元中日チェンがメジャー初ヒット! 連続無安打57打席で止まる

マーリンズのチェン・ウェイン投手が7日(日本時間8日)の敵地メッツ戦でメジャー初ヒットを放った。

バット変更も奏功か、メッツ戦の第2打席でメジャー初ヒット

 マーリンズのチェン・ウェイン投手が7日(日本時間8日)の敵地メッツ戦でメジャー初ヒットを放った。

 元中日のチェンは2012年に渡米後、この試合の前までメジャーで56打席ヒットが出ていなかったが、この日の4点リードで迎えた4回2死走者なしからショートへの内野安打をマーク。メジャー58打席目でヒットを放ち、この時点で52打数1安打となった。

 試合前は地元紙「マイアミ・ヘラルド」が特集を組み、チェンが初ヒットを目指し、故フェルナンデスのバットからゴードンが使用する軽量モデルへと変更したことをレポート。記事の中で「昨年、彼(フェルナンデス)とはたくさんのいい思い出を持った。でも今年は、ホセになろうとせず、ただ自分自身になろうとしなきゃいけないと思う」、「ディー(ゴードン)の使っている軽いバットのほうが自分にいいと思う」と語っていた。

 ヒット直後は現地のマーリンズ番記者がツイッターで相次いで速報。「マイアミ・ヘラルド」のクラーク・スペンサー記者はデビューから51打数無安打が1900年以降、3番目に長い記録だったとレポートしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」