野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天岸が「攻めの投球」で6回1失点、移籍後初登板で初勝利 3連勝で首位快走

楽天の岸孝之投手が9日、移籍後初登板で初勝利を上げた。敵地でのロッテ戦に先発し、6回4安打1失点と好投。打線は茂木の先頭打者弾を含む2打点などで、西武からFA移籍してきた右腕を援護した。チームは4-1で勝利し、3連勝で貯金6と首位を快走している。

茂木が先頭打者弾含む2打点で援護、快勝で貯金6に

 楽天の岸孝之投手が9日、移籍後初登板で初勝利を上げた。敵地でのロッテ戦に先発し、6回4安打1失点と好投。打線は茂木の先頭打者弾を含む2打点などで、西武からFA移籍してきた右腕を援護した。チームは4-1で勝利し、3連勝で貯金6と首位を快走している。

 楽天は初回、茂木がロッテ先発・唐川から先頭打者ホームランを放つと、1死満塁で島内がタイムリー。幸先よく先制した。

 2点の援護をもらってマウンドに上がった岸は、四球とヒットで2死一、三塁といきなりピンチを背負うも、鈴木は三ゴロで無失点。2回も1死から井上にヒットを許したが、後続を断つ。3回は初めての3者凡退に抑えた。

 すると4回、楽天は茂木のタイムリーで貴重な追加点を奪う。岸は4回も3者凡退の好投。5回はヒットと四球で1死一、二塁とされたが、代打・井口は中飛、角中はニゴロに仕留め、ここも無失点で切り抜けた。

 6回、岸は簡単に2死を奪うも、打撃好調の鈴木にはライトへのソロ本塁打を浴びる。初失点となったが、続くダフィーは空振り三振。2点のリードを守り、この回限りでマウンドを降りた。

 降板後は「先制点を取ってくれて、それを守るために攻めのピッチングができたと思います。初登板があいにくの雨でしたが、そのなかでも集中を切らさず投げることができたので良かったです」とコメントした。

 楽天は7回を森原、8回をハーマン、9回を松井裕とつなぐと、打線も1点を追加して4-1で快勝。西武から地元楽天にFA移籍した岸が今季初白星を挙げた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング