野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

北條2発&上本決勝ソロ、阪神が逆転勝ち 巨人は7回に一時逆転も…首位陥落

阪神は9日、甲子園での巨人戦に4-3で勝利した。先発・能見が6回まで1安打の快投。7回に逆転を許したが、その裏に北條のこの試合2本目の本塁打で同点に追いつくと、8回に上本が決勝ソロを放った。広島が勝ったため、巨人は首位陥落となった。

20160212_阪神

好投・能見が7回に逆転許すも…北條の2本塁打目で振り出しに戻す

 阪神は9日、甲子園での巨人戦に4-3で勝利した。先発・能見が6回まで1安打の快投。7回に逆転を許したが、その裏に北條のこの試合2本目の本塁打で同点に追いつくと、8回に上本が決勝ソロを放った。広島が勝ったため、巨人は首位陥落となった。

 先制したのは阪神だった。2回、7番・北條が巨人先発・大竹からレフトへ先制弾。1点のリードを奪った。しかし、3回以降は大竹を捉えることができず、5回までの3イニングは無安打に抑えられる。

 すると、6回まで巨人打線を1安打に抑えていた能見が7回につかまる。立岡、坂本、阿部の3連打で同点とされ、ここで降板。2番手・桑原はマギー、長野を連続三振に仕留めるも、代打・亀井には2点タイムリーツーベースを浴び、勝ち越された。

 しかし、7回は1死から鳥谷がヒットで出塁し、北條が2ラン。この試合2本目の値千金の本塁打で同点に追いついた。さらに、8回には先頭・上本が森福からソロ本塁打。再逆転に成功した。

 9回はドリスが抑え、4-3で勝利。熱戦を制し、今季の「伝統の一戦」初勝利を挙げた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング