野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島「九里さん」が7回2失点で自身開幕2連勝 勝利呼ぶ好投も野手に「感謝」

広島の九里亜蓮投手が9日のヤクルト戦に先発。7回4安打2失点と好投し、自身2連勝。チームは6-2で逆転勝ち。引き分けを挟んでの連勝を7に伸ばした。並んでいた巨人が阪神に敗れたため、単独首位となった。

20160516_kuri

チームは7連勝で単独首位に

 広島の九里亜蓮投手が9日のヤクルト戦に先発。7回4安打2失点と好投し、自身2連勝。チームは6-2で逆転勝ち。引き分けを挟んでの連勝を7に伸ばした。並んでいた巨人が阪神に敗れたため、単独首位となった。

 九里は初回、2回と先頭打者を出し、得点圏に走者を背負ったが後続を断ち切りピンチを脱出。3回以降は尻上がりに調子を上げた。ツーシーム、カットボール、フォークなど多彩な変化球を効果的に使い、5回までは3イニング連続で3者凡退を続けた。

 6回は1死から大引に四球を与え、2回以来となる走者を出したが、3番・山田を内角のツーシームで遊ゴロを打たせ、注文通りの6-4-3の併殺。ガッツポーズを繰り出した。

 しかし7回。簡単に2死を取りながら、畠山の中前打、中村への四球の後、代打・大松に右越えの2点二塁打を打たれて逆転を許した。白星が遠ざかったかに思えたが、7回裏の攻撃で打撃陣が一気に5点を奪って逆転に成功。九里の好投が報われた格好になった。

 試合後のヒーローインタビューで右腕は「勝ちを付けていただいたので感謝です」と頭を下げたが、一緒にお立ち台に上がった丸は「今日から九里さんと呼ぼうかなと思ってます」と称賛。気持ちのこもった投球で、野手の信頼を勝ち取っている。

 昨季はローテの谷間での先発、ロングリリーフなど便利屋としての起用が多かった4年目右腕。今季はオープン戦から結果を残し、開幕ローテを勝ち取っての2連勝。完全に一皮むけた印象だ。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング