野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

7回2失点の好投、2連勝の広島九里が「いい結果につながった」理由を分析

広島の九里亜蓮が9日の東京ヤクルト戦に先発し、7回2失点で今季2勝目を挙げた。1点リードの7回に2失点しての降板となったが、打線が逆転しての今季2勝目に「味方の打線が逆転してくれたおかげで勝てた。野手のみなさんに感謝したい」と殊勝に話した。

20160516_kuri

山田とバレンティンは計1安打、緒方監督も「ローテの一角として頑張ってもらいたい」

 広島の九里亜蓮が9日の東京ヤクルト戦に先発し、7回2失点で今季2勝目を挙げた。1点リードの7回に2失点しての降板となったが、打線が逆転しての今季2勝目に「味方の打線が逆転してくれたおかげで勝てた。野手のみなさんに感謝したい」と殊勝に話した。

 6回までは無失点に抑えたが、7回に2死から畠山にヒットを打たれ、中村悠に四球を与えた後、代打の大松にライトオーバーの逆転二塁打を打たれた。九里は「結果だけを見れば7回2失点だったが、野手が先に点を取ってくれたのに、無駄な四球を与えて打たれてしまった。そこはしっかり反省しないといけない」と、自らの投球を振り返り「打者がしっかりスイングできるカウントにしてしまった。そこで投げ切ることができなかった」と失点を悔やんだ。

 それでも、なおも続いた2死二塁のピンチでは代打の鵜久森を三振に打ち取り、「インコースにしっかり投げられた。打者の反応を見ながら冷静に投げられた」と胸を張った。

 ヤクルトの強力打線相手にも「まっすぐも変化球もしっかり腕を振れた」という九里は、山田とバレンティンに合わせて1安打しか許さなかった。「抑えられたというよりは、自分の自信のある球を選択して投げられたのがいい結果につながった」と分析し、自信のあるボールとして「キャンプから練習してきた」というインコースへの投球を挙げた。

 2試合連続での先発勝利に、緒方監督は「これからもローテの一角として頑張ってもらいたい」と4年目右腕に期待。九里は「2試合とも野手が打ってくれて勝てた。守備でもよく守ってくれている」とバックに感謝し、「これからもしっかり試合を作っていきたい」と、ローテ投手としての自覚を口にした。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング