野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテのカンパイガールズ、5試合で2209杯売り上げ グループ継続へ残り3万2791杯

ロッテは10日、球界初の売り子アイドルグループ、マリーンズカンパイガールズ4人の本拠地開幕戦から5試合を終えてビール売り上げ総数が、2209杯だったと発表した。

20170410_kanpai

本拠地59試合で4人のビール売り上げ総数3万5000杯にチャレンジ中

 ロッテは10日、球界初の売り子アイドルグループ、マリーンズカンパイガールズ4人の本拠地開幕戦から5試合を終えてビール売り上げ総数が、2209杯だったと発表した。

 カンパイガールズは来季のグループ継続をかけて、本拠地開幕戦から8月31日までのZOZOマリンスタジアムでのホームゲーム59試合で4人のビール売り上げ総数3万5000杯にチャレンジする企画を行っている。達成した場合はライブ会場でのワンマンライブと、カンパイガールズの来季継続が決まる。

 ホームゲーム5試合を終えての個別売り上げは以下の通り。

今井さやか(リーダー)1119杯(1日最高304杯)
宮崎佑希(新メンバー)436杯(1日最高102杯)
畑内寿理(新メンバー)373杯(1日最高102杯)
中村葵(新メンバー)281杯(1日最高81杯)

 メンバー4人の1人1日平均は110杯。残り54試合で3万2791杯の売り上げが必要で、1人1試合平均にすると152杯の売り上げが必要となる。

 新メンバーの宮崎佑希は「今までのメンバーの方々の想いもあるので、なんとかカンパイガールズが継続できるように必死に頑張っていきたいと思います。4月14日のライオンズ戦からまた気持ちを入れて頑張っていきます。5試合をやってみて、なんとか流れとかコツとかを覚えることが出来ましたので、次からまた笑顔で元気よく頑張ります! それでは、最後にウ~グビグビ、マリーンズカンパイガールズです!」とコメントした。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング