野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

WBCベストナインのソフトB千賀が圧巻13K、8回6安打0封で今季初勝利!

ソフトバンクの千賀滉大投手が11日、敵地での日本ハム戦で8回6安打無失点、自己最多タイの13奪三振3四球と快投した。WBCで侍ジャパンから唯一のベストナインに選出された右腕は、137球の熱投で今季初勝利。打線は内川の2点打などで援護し、3-0で勝利。主力に故障者が続出している日本ハムは打線が6安打無得点。6連敗となった。

4日の今季初登板は7失点炎上も…2戦目は快投で白星、日本ハムは6連敗

 ソフトバンクの千賀滉大投手が11日、敵地での日本ハム戦で8回6安打無失点、自己最多タイの13奪三振3四球と快投した。WBCで侍ジャパンから唯一のベストナインに選出された右腕は、137球の熱投で今季初勝利。打線は内川の2点打などで援護し、3-0で勝利。主力に故障者が続出している日本ハムは打線が6安打無得点。6連敗となった。

 千賀は初回、2死から近藤にヒットを許すも、レアードは空振り三振。2回はヒットと四球で無死一、三塁とされたが、横尾は遊飛。さらに、甲斐の三塁牽制で岡を刺して2アウトとすると、大野は中飛で無失点で切り抜けた。

 すると、3回には2死満塁の場面で高梨が投球時にバランスを崩して転倒するアクシデント。思わぬ形で先制点を転がり込んだ。

 4回は先頭・中島に内野安打を許し、西川に送りバントを決められたが、石井一は見逃し三振、近藤は遊ゴロで3アウト。4回はこの試合初めての3者凡退に抑えた。

 ソフトバンク打線は5回、2死一、二塁とチャンスを作り、内川が2点タイムリーツーベース。大きな追加点が入る。

 千賀は5回、1死一、二塁のピンチを招くも、西川、石井一を連続空振り三振。6回は3者凡退。7回は1死から横尾にヒットを許したが、森山を空振り三振、中島は投ゴロと得点を許さない。

 8回は2死から四球と二塁打で二、三塁のピンチを招いたが、最後は岡をフルカウントからフォークで空振り三振に仕留めた。

 9回は守護神サファテが締めて、ソフトバンクが3-0で勝利。今季初登板となった4日の楽天戦では4回7失点と炎上していた千賀が、今季2戦目で初勝利をつかんだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング