野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人村田、代打で意地の1号3ラン 6回からマギー二塁で“超攻撃的布陣”に

巨人の村田修一内野手が12日、広島との首位攻防戦第2戦に代打で出場し、今季初本塁打を放った。

巨人

開幕からレギュラー落ちの強打者が2点差に迫る貴重な一発

 巨人の村田修一内野手が12日、広島との首位攻防戦第2戦に代打で出場し、今季初本塁打を放った。

 広島が新井とエルドレッドの2打席連続弾などで7点を奪取。初回に阿部の2ランで2点を先制した巨人は5点を追う苦しい展開となったが、5回に1死二、三塁とチャンスを作る。

 巨人はここで2番手右腕・宮國に代打・村田を送る。マギーに三塁スタメンの座を譲り、控えに回っている強打者は、3ボール1ストライクからルーキー左腕・床田のフォークをフルスイング。レフトポール際に運んだ。

 今季6打席目での初本塁打は、2点差に迫る貴重な3ランとなった。巨人は6回からマギーを二塁に回し、村田が三塁へ。超攻撃布陣を敷いた。

12日からの3連戦は初戦で首位・広島が勝利。8連勝で巨人とのゲーム差を「2」と広げている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング