野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

けが人続出の日ハムが逆転勝利、連敗6で止める レアードの待望1号が決勝弾

日本ハムは12日、本拠地でのソフトバンク戦に4-3で逆転勝ちし、連敗を「6」で止めた。1点を追う5回に近藤が同点タイムリーを放つと、レアードが2ラン。昨季本塁打王の今季初本塁打で勝ち越した。先発・加藤は6回2失点で今季初勝利。ソフトバンクは柳田が1人で3打点と気を吐いたが、連勝はならなかった。

日本ハム

増井が今季初セーブで1点差死守、ソフトBは柳田が1号含む3打点も…

 日本ハムは12日、本拠地でのソフトバンク戦に4-3で逆転勝ちし、連敗を「6」で止めた。1点を追う5回に近藤が同点タイムリーを放つと、レアードが2ラン。昨季本塁打王の今季初本塁打で勝ち越した。先発・加藤は6回2失点で今季初勝利。ソフトバンクは柳田が1人で3打点と気を吐いたが、連勝はならなかった。

 日本ハム先発の加藤は初回、柳田の犠飛で先制点を献上する。その裏に田中が押し出し四球を選び同点に追いつくも、3回には加藤が柳田にセンターへのタイムリーを許し、勝ち越された。

 それでも、4、5回と無失点で味方の援護を待った加藤。5回、日本ハムは1死から西川がツーベース。2死三塁となってから近藤がレフトへタイムリーを放った。さらに、レアードは左中間へ高々と打ち上げる2ラン。待望の初本塁打でついに勝ち越し。昨季の本塁打王は「やっと開幕しました!」と喜んだ。

 7回は宮西が無失点に抑えると、8回は石川が柳田にソロ本塁打を浴びながらもリードを守る。マーティンが不在の中、9回は増井が締めて4-3で勝利。1点のリードを死守して、連敗を止めた。

 大谷、マーティンが負傷で登録を抹消され、中田も離脱中。この日は杉谷も登録抹消となるなど苦しい戦いが続く日本ハムが、久々の白星を挙げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング