野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4連敗の巨人、マイコラスが好投も、7回に中井の悪送球で先制許す

4連敗中の巨人が痛恨のエラーで先制を許した。14日、敵地での中日戦。7回1死二塁から、京田の打球を捕った二塁・中井が一塁へ悪送球。0-0の投手戦に水を差すエラーとなった。

full-count18

2死二、三塁からは大島のタイムリーで2失点

 4連敗中の巨人が痛恨のエラーで先制を許した。14日、敵地での中日戦。7回1死二塁から、京田の打球を捕った二塁・中井が一塁へ悪送球。0-0の投手戦に水を差すエラーとなった。

 巨人はマイコラス、中日は大野の両先発が6回まで1点も許さない投手戦を披露。だが、緊迫した試合が動いたのは、痛恨のエラーからだった。

 7回裏、マイコラスは安打と送りバントで1死二塁とする。ここで迎えた京田を二ゴロに打ち取ったかに見えたが、高くバウンドした打球を捕球した中井が一塁へ悪送球。この間に二塁走者だった平田が生還し、1点を先制された。

 さらに、2死二、三塁から大島にセンターへタイムリーを運ばれ、さらに1失点。この回に2点を失った。

 4連敗中の巨人は、なんとしてでも勝利したい試合だが、まさかのエラーで試合の流れを相手に渡してしまった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング