野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックスが10安打9得点の激勝! 金子は92球で圧巻の2安打完封勝利

オリックスが14日、ソフトバンク戦(ヤフオクD)で圧勝した。初回2死一、三塁から小谷野の先制の中前適時打、さらに満塁として中島が左中間を破る走者一掃の適時二塁打を放ち、一挙に4点を先行。試合を優位に進めた。

小谷野が2本塁打を含む3安打3打点の活躍

 オリックスが14日、ソフトバンク戦(ヤフオクD)で圧勝した。初回2死一、三塁から小谷野の先制の中前適時打、さらに満塁として中島が左中間を破る走者一掃の適時二塁打を放ち、一挙に4点を先行。試合を優位に進めた。

 3回2死から小谷野に今季初アーチとなるソロ、6回にはTー岡田に4号ソロ、7回には小谷野がこの日2本目となるソロを放つなど、打線が爆発して、10安打9得点を挙げた。

 投げては、先発の金子千尋が圧巻の投球。味方の大量援護もあって、序盤からストライク先行でソフトバンク打線を手玉に取り、三塁すら踏ませない安定したピッチング。わずか92球の省エネ投球で、2安打完封勝利を挙げた。

 一方のソフトバンクは、先発の中田が5回5失点でKO。2番手として、昨季ドラフト1位の高橋がデビューしたが、2本塁打を浴びるなど3回4失点の内容だった。打線は金子千尋の前に2安打と沈黙。投打でオリックスに圧倒され、3連敗を喫して借金1となった。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」