野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「完封」は今やレアな記録!? オリ金子、現役最多タイ21度目快投劇の価値

オリックス・バファローズの金子千尋が、14日の福岡ソフトバンク・ホークス戦で2安打完封。92球という少ない投球数だった。9回完投時の最少投球数は71球。1952年5月11日に阪急の柴田英治が近鉄戦で、1957年3月30日に毎日の植村義信が西鉄戦でそれぞれ達成している。いずれも60年以上前の記録だ。

14日ソフトB戦で92球の完封勝利、少ない球数での完投は春先に集中!?

 オリックス・バファローズの金子千尋が、14日の福岡ソフトバンク・ホークス戦で2安打完封。92球という少ない投球数だった。

 9回完投時の最少投球数は71球。1952年5月11日に阪急の柴田英治が近鉄戦で、1957年3月30日に毎日の植村義信が西鉄戦でそれぞれ達成している。いずれも60年以上前の記録だ。

 当時は球種も少なく、作戦も複雑ではなかった。打者が早打ちしてくれたこともあって、こういう記録ができた。21世紀に入ってからは2002年4月10日に日本ハムのミラバルが千葉ロッテ戦で記録した80球が最少だ。

 しかし、100球以下での完投は、最近でもそれほど珍しいわけでもない。昨年は100球以下での完投が3度あった。

4月6日 中日・小熊凌祐 DeNA戦 93球 1安打 自責点0
3月30日 楽天・美馬学 ロッテ戦 96球 3安打 自責点0
4月27日 巨人・田口麗斗 阪神戦 99球 7被安打 自責点1

 少ない球数での完投は、春先に集中している。まだ各チームの打線の調子が上がらず、簡単に凡退することが多いからではないか。

 100球以下での完投が、最近でも散見されるのは、そもそも8回時点で100球を超えた先発投手が続投するケースが少なくなっているからだ。球団側が先発投手の肩、肘の負担に気を遣うようになったのだ。8回時点で90球以下の効率的な投球をしている投手は、9回も投げさせてもらえる可能性が高い。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」