野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 青木宣親
  • 青木宣親、3戦連続マルチで日米1974安打 決勝犠飛含む2打点で4連勝に貢献

青木宣親、3戦連続マルチで日米1974安打 決勝犠飛含む2打点で4連勝に貢献

アストロズの青木宣親外野手は15日(日本時間16日)、敵地でのアスレチックス戦に「8番・レフト」で2試合連続先発出場。7回にレフト前ヒット、9回にもレフト前にタイムリーを放ち、4打数2安打2打点1得点1盗塁だった。3試合連続マルチ安打で日米通算1974安打として、通算2000安打まで「26」としている。

日米通算2000安打まで「26」&2打点も2試合連続、アストロズは8回に4得点で逆転

 アストロズの青木宣親外野手は15日(日本時間16日)、敵地でのアスレチックス戦に「8番・レフト」で2試合連続先発出場。7回にレフト前ヒット、9回にもレフト前にタイムリーを放ち、4打数2安打2打点1得点1盗塁だった。3試合連続マルチ安打で日米通算1974安打として、通算2000安打まで「26」としている。8回には決勝点をもたらす犠飛もマークするなど活躍。2打点も2試合連続となった。アストロズは最大5点差を逆転して10-6で勝利した。

 アストロズは5回までに0-5とリードを許す苦しい展開。青木も相手先発マナイアの前に2回は三ゴロ、5回は遊ゴロに倒れた。

 しかし、アストロズは6回に相手の失策で2点を返す。3点を追う7回先頭で打席に立った青木は、右腕ヘンドリックスからレフト前ヒット。すぐに二盗を決めると、スプリンガーの遊ゴロで三塁まで進み、ブレグマンのタイムリーで生還した。

 この回さらに、アルテューべの内野ゴロの間に1点差としたアストロズ。8回には、右腕カシーヤから無死一、二塁とチャンスを作ると、7番ゴンザレスがバント。1死二、三塁とチャンスを広げ、青木に打席を回す。まずは暴投で同点。その後、青木はセンターへの勝ち越し犠飛を放った。

 アストロズはさらに、スプリンガーの2ランでこの回一挙4得点。その裏に1点を失うも、9回にマッキャンのタイムリーで1点を追加。なおも2死一、二塁の好機で、青木がレフト前に運ぶタイムリー。10-6で勝利し、4連勝とした。

 青木は打率.375と好調を維持している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中