野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 首位・楽天に近年のリーグ王者の傾向? 快進撃を支えるブルペン陣の“奮投”

首位・楽天に近年のリーグ王者の傾向? 快進撃を支えるブルペン陣の“奮投”

まるで東北地方に連なる奥羽山脈のように分厚く長い壁だ。リーグ一番乗りの10勝に到達した楽天の快進撃を、バラエティー豊かなブルペン陣が支えている。ここまで13試合を消化したチームで6人の投手が4試合以上に登板しており、そのうち失点を記録しているのはフランク・ハーマン投手だけだ。

バラエティー豊かな救援投手が奮闘、3点差以内の僅差の試合は9勝無敗

 まるで東北地方に連なる奥羽山脈のように分厚く長い壁だ。リーグ一番乗りの10勝に到達した楽天の快進撃を、バラエティー豊かなブルペン陣が支えている。ここまで13試合を消化したチームで6人の投手が4試合以上に登板しており、そのうち失点を記録しているのはフランク・ハーマン投手だけだ。

昨年は全世代で金5個、銀1個と圧巻の強さ 「侍ジャパン」は今年も輝けるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 そのハーマンも9試合に投げて1失点のみ。チーム防御率はリーグ4位の3.68で得失点差16も同3位でしかないが、それでも首位の座をキープできているのは、先発投手が降板してからもリリーフ陣が踏ん張り、3点差以内の僅差の試合を9勝無敗とものにしていることが大きい。

 抑えの松井裕樹投手はWBCに参加した疲れなど微塵も感じさせないフル回転で、ここまでリーグ最多の10登板、7セーブをマークしている。そして今季の楽天は、その松井裕への橋渡しが非常に円滑だ。

 8回を任されているハーマンと、その前を投げる森原康平投手はともに速球が主体の投球。ハーマンは193センチの長身から150キロを超える速球を繰り出し、森原は10イニングを投げて四球をひとつも出していない。サウスポーの高梨雄平投手は左腕を振りかぶる直前まで身体の後ろにボールを隠し、サイドから投げ込む。起用されることの多い対左打者では12打数1安打の好成績だ。菅原秀投手はまだ4試合の登板だが、縦に割れる鋭いスライダーでプロの打者を腰砕けにさせている。

人気記事ランキング