野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元中日チェン、5日間で3人目の“ノーヒット降板“ 序盤戦での偉業は困難に!?

元中日チェン、5日間で3人目の“ノーヒット降板“ 序盤戦での偉業は困難に!?

マーリンズのチェン・ウェイン投手が18日(日本時間19日)、敵地マリナーズ戦で7回無安打無得点と快投。今季2勝目を挙げた。ノーヒットノーランに抑えながら、球数100球で降板となったが、メジャーでは無安打で降板した先発投手はここ5日間で3人目だったと、米ヤフースポーツが伝えている。

20170420_chen

7回ノーヒットノーランも100球で降板、「時期」が大きく関係?

 マーリンズのチェン・ウェイン投手が18日(日本時間19日)、敵地マリナーズ戦で7回無安打無得点と快投。今季2勝目を挙げた。ノーヒットノーランに抑えながら、球数100球で降板となったが、メジャーでは無安打で降板した先発投手はここ5日間で3人目だったと、米ヤフースポーツが伝えている。

 チェンは3回までパーフェクト投球。4回は四球で初の走者を出すも、後続を断つと、5、6回は再び3者凡退に抑えた。7回は2四死球で1死一、二塁とピンチを背負うも、ここも後続の打者を抑えてノーヒットを継続。しかし、この回だけで24球を要したことや、昨季左肘を痛めて長期離脱した経緯があったことから、ドン・マッティングリー監督はチェンをこの回限りで降板させるという決断を下した。

 ヤフースポーツでは、この快投劇を受けて「チェン・ウェインはこの5日間で3人目のノーヒッター中に降板させられた投手だ」とのタイトルで特集を組んだ。「土曜日のショーン・マネア(アスレチックス)、日曜日のダン・ストレイリー(マーリンズ)、そしてチェンがここに名を連ねることとなった」。マネアは15日(同16日)のアストロズ戦で5回2失点ながら無安打に抑えていたが、98球で降板。ストレイリーも16日(同17日)のメッツ戦で5回1/3を無安打無失点だったが、5三振5四球で93球と球数を要し、マウンドを降りていた。

 先発投手が中4日でマウンドに上がるメジャーでは、100球が降板のメドとなっている。ただ、ノーヒットを継続している場合は、続投させるケースもある。しかし、記事に登場する3投手が降板となった大きな理由の1つに「時期」の問題があるという。

人気記事ランキング