野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、復調を印象づける「今季最高」のスプリット 女房役も太鼓判

田中将大、復調を印象づける「今季最高」のスプリット 女房役も太鼓判

19日(日本時間20日)の本拠地ホワイトソックス戦に先発し、7回6安打1失点6奪三振2四球の好投で自身2連勝を飾った田中将大投手。開幕3試合の厳しい成績から立ち直ったエース右腕に女房役のオースティン・ロマイン捕手は“宝刀”のスプリットが「今季最高」の出来だったと振り返っている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」が報じている。

20170420_tanaka5

開幕4試合目の登板で好投、2連勝に「正しい方向へ向かって踏み出した」

 19日(日本時間20日)の本拠地ホワイトソックス戦に先発し、7回6安打1失点6奪三振2四球の好投で自身2連勝を飾った田中将大投手。今季初の中4日での登板で、4本の二塁打を浴びながら最少失点に抑え、9-1の勝利に貢献。1勝1敗、防御率8.36という開幕3試合の厳しい成績から立ち直ったエース右腕に女房役のオースティン・ロマイン捕手は“宝刀”のスプリットが「今季最高」の出来だったと振り返っている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」が報じている。

 味方打線が2回までに4得点と援護に恵まれた田中。4回に2本の二塁打で1点を返されるも、5回は9球で3者凡退に抑える快投。すると、打線はその裏にカストロの3ラン、ジャッジのソロで4点を追加した。田中は7回、1死三塁のピンチもガルシア、サラディーノを連続空振り三振に仕留めて、この回限りで降板となった。

 この日はボールを低めに集め、ジョー・ジラルディ監督が「スプリットがよかった。スライダーもゲームが進むうちに良くなった」と話したように、変化球の切れ味も上々だった。過去3試合とは明らかに違う姿を見せたエースの投球について、「デイリー・ニューズ」は「マサヒロ・タナカはヤンキースのエースになるため、さらに一歩前進する」とのタイトルで特集した。

 記事では、「彼は最初の2登板で7回2/3イニングで10失点を記録した。タナカは投球フォームに不振の原因があると考えていた。今、彼は解決策を見つけた」と言及。本人が試合後に通訳を介して「明らかに、正しい方向へ向かって踏み出したと思います」と確かな手応えを示し、「良くなってきています。でも、もっと改善できると思います。次の登板までには修正するつもりです」と意気込みを示したことも紹介している。

人気記事ランキング