野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武が秋山の今季1号先頭打者アーチ「積極的に打ちにいきました」

西武の秋山翔吾外野手が21日、本拠地の日本ハム戦で今季1号となる先頭打者弾を放った。

日本ハム先発・上沢から左翼席へソロ弾、中村の犠飛で2点先制

 西武の秋山翔吾外野手が21日、本拠地の日本ハム戦で今季1号となる先頭打者弾を放った。

 初回にエース左腕・菊池が日本ハム打線を相手に、2死三塁としながらも無失点に抑えると、打線がすぐに呼応した。先頭の秋山が、日本ハム先発・上沢が3ボール1ストライクから投げた5球目外角ストレートを捉えた。球筋に逆らわずにバットを合わせると、打球は左翼席へ飛び込む今季1号先制ソロとなった。

 2番・源田はレフト前安打で出塁すると二盗を仕掛け、捕手・市川の悪送球を誘って三塁へ。浅村が四球を選んで無死一、三塁とすると、続く中村がセンターへ犠飛を放ち、2点目を挙げた。

 1死一塁からメヒアが空振り三振に倒れる間に、一塁走者の浅村が二盗に成功。2死二塁とすると、山川、外崎の連続四球で2死満塁。だが、ここでは木村文が中飛に倒れ、追加点はならなかった。

 秋山は「真っ直ぐです。いいカウントになって、積極的に打ちにいきました。いい結果になって良かったです」とコメント。中村も「真っ直ぐです。最低限の仕事が出来ました」と先制を喜んだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング