野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

伝統の一戦、阪神が巨人に完勝 メッセンジャー8回10K1失点で3勝目

阪神は21日、敵地での巨人戦に4-1で完勝し、伝統の一戦で先手を打った。投げては先発メッセンジャーが8回10K1失点の快投。打線は主将・福留が開幕戦以来となる2号3ランで先制点を演出。投打のかみ合った試合展開で、2位巨人と並んだ。

初回に主将・福留の今季2号3ランで先制に成功

 阪神は21日、敵地での巨人戦に4-1で完勝し、伝統の一戦で先手を打った。投げては先発メッセンジャーが8回10K1失点の快投。打線は主将・福留が開幕戦以来となる2号3ランで先制点を演出。投打のかみ合った試合展開で、2位巨人と並んだ。

 巨人・マイコラス、阪神・メッセンジャーの外国人投手の投げ合いとなったこの日。阪神は、初回に迎えた1死一、二塁の好機で、4番・福留が値千金の2号3ランを右翼へ運んだ。

 いきなり3点の援護をもらったメッセンジャーは、3回に阿部が放ったセンターへの犠飛で1点を失ったが、その後は二塁を踏ませぬ快投でアウトを重ねた。

 打線は5回に2死満塁から北條がラッキーな押し出し四球を引き出して1点を追加。勝利を確実なものとした。

 最後は9回を守護神ドリスが締めてゲームセット。宿敵・巨人の5連勝を阻止する快勝を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング