野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス西が8回3失点で今季2勝目、ロメロ&小谷野3安打で5連勝

オリックスは22日、敵地でのロッテ戦を4-3で制し、破竹の5連勝を飾った。先発・西勇輝が8回3失点の力投で今季2勝目をマーク。打ってはロメロと小谷野が猛打賞の活躍で、逆転勝利を収めた。

打撃好調ロメロ、8回守備で負傷交代

 オリックスは22日、敵地でのロッテ戦を4-3で制し、破竹の5連勝を飾った。先発・西勇輝が8回3失点の力投で今季2勝目をマーク。打ってはロメロと小谷野が猛打賞の活躍で、逆転勝利を収めた。

 先発・西は2回に四球から始まる2連打と犠飛で2点を先制されるが、打線に助けられた。4回に味方打線が若月の2点三塁打で同点に追いつくと、直後に田村の犠飛で勝ち越されるが、6回にT-岡田がロッテ先発・涌井から6号同点ソロ。7回に小谷野がセンターへ勝ち越し適時打を放ち、1点をリードすると、西も7回、8回を3者凡退とした。

 9回のマウンドには、WBCでも活躍した守護神・平野が登場。ロッテ打線を封じ、今季5セーブ目を飾った。

 好調チームは5連勝を飾ったが、8回守備では、この日3安打のロメロが足を負傷して交代するアクシデントが発生。大事な主軸だけに長期離脱が懸念される。

 一方のロッテは、エース涌井でも勝ちきれずに5連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」