野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 防御率8.05の前田健太、先発ローテ落ちも? 地元紙が「配置転換」に言及

防御率8.05の前田健太、先発ローテ落ちも? 地元紙が「配置転換」に言及

ドジャースの前田健太投手は22日、(日本時間23日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発し、自己ワーストの4被弾を浴びるなど5回9安打6失点の乱調で2敗目(1勝)を喫した。開幕から4試合連続で苦しむ右腕の防御率は8.05まで悪化。地元メディアは、前田が先発ローテーションから外される可能性についても言及している。

ワースト4被弾&6失点で2敗目、地元紙は厳しい評価「信頼できる投手とは見られてない」

 ドジャースの前田健太投手は22日、(日本時間23日)、敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発し、自己ワーストの4被弾を浴びるなど5回9安打6失点の乱調で2敗目(1勝)を喫した。開幕から4試合連続で苦しむ右腕の防御率は8.05まで悪化。地元メディアは、前田が先発ローテーションから外される可能性についても言及している。

 前田は1点リードの初回、2死二塁で4番ラムに真ん中高めに入った92マイル(約148キロ)直球を右翼席への逆転2ランとされると、5番トマスにも93マイル(約150キロ)直球を右翼席へ運ばれた。2者連続本塁打でいきなり3失点を喫した。

 さらに、2-3と1点差で迎えた4回には、無死一塁で8番ハーマンに90マイル(約145キロ)直球を右翼へ運ばれて2失点。5回にはトマスに今度はスライダーを捉えられ、この日2本目となるソロ弾を浴びてメジャー自己ワーストとなる6失点目を喫した。前田は6回の打席で代打を送られて降板。ドジャースは一時1点差まで追い上げたものの、突き放されて5-11で敗れた。

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は、「ここのところのマエダの炎上は、ドジャースを後退させてしまっている」と日本人右腕の投球を厳しい論調で伝えた。チームは過去数年で、4月に不調であっても、最終的には地区優勝に輝くなどシーズン中に立て直してきた実績があることに触れつつ、「しかし、マエダに関しての懸念は、4月だからということで片付けられる問題ではない。彼は昨年夏から調子を落としており、ライバル球団やドジャースもそれを目にしている。マエダはもはや中4日で信頼できる投手とは見られていない」としている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」