野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ボテボテ投前内野安打が“ランニング本塁打”に!? マーリンズが幸運な決勝点

ボテボテ投前内野安打が“ランニング本塁打”に!? マーリンズが幸運な決勝点

マーリンズは23日(日本時間24日)、敵地でのパドレス戦に6-3で勝利した。同点で迎えた延長11回に4点を奪取。リードオフマンのディー・ゴードン内野手が放ったボテボテの投前内野安打が、相手失策が絡んで“ランニング・ホームラン”となり、マーリンズに決勝点が入った。

ゴードンが延長11回に失策絡みの「リトルリーグ・ホームラン」で均衡破る

 マーリンズは23日(日本時間24日)、敵地でのパドレス戦に6-3で勝利した。同点で迎えた延長11回に4点を奪取。リードオフマンのディー・ゴードン内野手が放ったボテボテの投前内野安打が、相手失策が絡んで“ランニング・ホームラン”となり、マーリンズに決勝点が入った。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「ディー・ゴードンが40フット(約12.19メートル)のリトルリーグ“ホームラン”で均衡を破った」とのタイトルで特集を組んでいる。

 2-2の同点で迎えた延長11回だった。ゴードンは無死一塁の場面で左腕トーレスの初球を打ったものの、一塁方向へのボテボテのゴロになった。だが、バントを警戒して前進してきた一塁手、慌てて打球を処理しようとしたトーレスを横目に俊足を飛ばす。タイミングは完全にセーフだったが、トーレスは一塁へ向かってボールを投げた。

 しかし、二塁手ソラルテはベースカバーに間に合っておらず、これが悪送球となり、ボールは右翼ファウルゾーンに転々。まず、一塁走者のボーアが生還した。さらに、右翼レンフローが打球の処理にもたつく間にゴードンも一気に本塁へ。トーレスとレンフローの2人にエラーが付き、記録はシングルヒットながら、“ランニング・ホームラン”となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」