野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

超攻撃的1、2番が機能する楽天 茂木はプロ野球記録シーズン151得点ペース

楽天が再び勢いづいてきた。23日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。先発予定だった岸孝之投手が試合直前のブルペンでの投球練習中に腰の痛みを訴えて登板を回避するアクシデントがあったが、代役としてマウンドに上がった戸村健次が6回途中無失点の好投。リリーフ陣も踏ん張って1点差で逃げ切り、ソフトバンクに勝ち越した。2連敗の後に2連勝で、17試合を終えて13勝4敗の貯金9。2位オリックスに2ゲーム差をつけて、首位を走っている。

楽天を牽引する1番打者、17試合で12球団トップの18得点&得点なしは4試合のみ

 楽天が再び勢いづいてきた。23日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。先発予定だった岸孝之投手が試合直前のブルペンでの投球練習中に腰の痛みを訴えて登板を回避するアクシデントがあったが、代役としてマウンドに上がった戸村健次が6回途中無失点の好投。リリーフ陣も踏ん張って1点差で逃げ切り、ソフトバンクに勝ち越した。2連敗の後に2連勝で、17試合を終えて13勝4敗の貯金9。2位オリックスに2ゲーム差をつけて、首位を走っている。

 好調の楽天。そのチームをバットで引っ張るのが、不動のリードオフマンとなっている茂木栄五郎内野手だ。「チャンスメークが出来たのはすごく良かった」というこの日の試合でも4回に右中間を破る二塁打を放って出塁すると、続くペゲーロの二塁打で先制点の本塁を踏んだ。前日も第1打席に二塁打を放って、初回にいきなり3点を奪う先制劇の足がかりとなった。

 2年目となる今季、とにかく開幕から打ちまくっている。この日の4打数2安打で73打数25安打、打率.342とし、5本塁打13打点と申し分のない働きを見せる。

 ただ、これらの数字以上に特筆すべきポイントは、その得点の数である。この日の先制点で4試合連続得点となり、今季18得点目。12球団でトップの数字だ。今季17試合を消化し、自身がホームを踏まなかった試合はわずか4試合だけ。チーム87得点のうち約2割を茂木がマークしている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中