野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

上原浩治、移籍後初のRソックス戦へ ボストン紙が特集「ウエハラが凱旋」

カブスの上原浩治投手が、28日(日本時間29日)からの3連戦で昨季まで4シーズン活躍したレッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークに凱旋する。2013年にワールドシリーズ優勝の立役者となった日本人右腕は、地元紙「ボストン・グローブ」の取材に対して、万感の思いを吐露している。

29日からRソックス3連戦、地元紙は2013年を回顧「成功に不可欠な存在だった」

 カブスの上原浩治投手が、28日(日本時間29日)からの3連戦で昨季まで4シーズン活躍したレッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークに凱旋する。2013年にワールドシリーズ優勝の立役者となった日本人右腕は、地元紙「ボストン・グローブ」の取材に対して、万感の思いを吐露している。

 上原はメジャー人生である“流儀”を確立したという。2009年に巨人からFAでオリオールズに加入し、ボルティモアに邸宅を購入したが、11年途中にレンジャーズ移籍。記事では、「彼はそのニュースに号泣した」と伝えている。そして、それを境に上原は変わったというのだ。

「ウエハラはその時から特定の街、チーム、ファンと親密になりすぎないように誓った。彼の仕事における対応は一切の感情を排除した。忠誠心は自分の技術とチームメートに向けられた」

 だが、上原は今回、特別な場所に帰ってくる。登場曲の「サンドストーム」とともにスタンドを数え切れないほど沸かせたフェンウェイ・パークだ。記事では、上原がレッドソックスで球団史上7位となる通算79セーブを記録したことにも言及。2013年にはオールスターに選出され、ア・リーグ優勝決定シリーズでMVPに輝くなど、圧巻の活躍でワールドシリーズ制覇の立役者となった。

 登板後に上原が同僚と交わす激しい「ハイファイブ」や、昨季限りで現役を引退した主砲のデイビッド・オルティズが上原を抱き上げる「セレブレーション」はボストンの名物となった。記事でも「ソックスファンは彼のマウンド上での情熱と彼の成功を信奉していた」と振り返っている。

「僕はスタンドにいたわけじゃないので、何とも言えませんが、自分に対して(ファンが)そういう感情を持っていたのであれば、嬉しいです。ボストンでの4年間は僕のキャリアを想像以上に高めてくれました。その機会に感謝しています」

 同紙の取材に対して、上原は通訳を介してこう語ったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」