野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大はMLB随一の「勝てる投手」 驚異の勝率.712は現役1位&“歴代3位”

田中将大はMLB随一の「勝てる投手」 驚異の勝率.712は現役1位&“歴代3位”

27日(日本時間28日)の敵地レッドソックス戦で9回3安打無四球3奪三振無失点の圧巻の投球を見せたヤンキースの田中将大投手。この勝利で田中のメジャー通算成績は80試合登板で42勝17敗となった。勝率は驚異の.712。日本時代には勝率.739(99勝35敗)を誇った右腕だが、メジャーでも7割超えを維持している。

日本時代も勝率.739を誇った田中、際立つ「勝つ能力」「負けない能力」

 27日(日本時間28日)の敵地レッドソックス戦で9回3安打無四球3奪三振無失点の圧巻の投球を見せたヤンキースの田中将大投手。2014年5月14日のメッツ戦以来となる、3年ぶりメジャー2度目の完封で今季3勝目(1敗)。わずか97球で9回を投げきり、メジャー屈指の左腕セールとの壮絶な投げ合いを制した。宿敵の敵地を沈黙させた田中は、メジャーNO1の「勝てる投手」として名門球団を牽引している。

 この勝利で田中のメジャー通算成績は80試合登板で42勝17敗となった。勝率は驚異の.712。日本時代には勝率.739(99勝35敗)を誇った右腕だが、メジャーでも7割超えを維持している。

 そして、この勝率.712という数字は、メジャーで5試合以上の先発経験がある現役投手の中でトップの数字。この試合で田中が達した通算80登板以上の投手で見ると、現役NO1投手の呼び声が高いクレイトン・カーショー(ドジャース)の.681(130勝61敗)も大きく上回る。2位以下にもメジャーを代表する選手の名前が並んでおり、田中の「勝つ能力」「負けない能力」が際立つ。なお、単純比較はできないが、80登板以上の投手では、歴代でも現時点でアル・スポルディング(.796)、スパッド・チャンドラー(.717)に次ぐ3位となっており、いかに驚異的な数字かがわかる。

 勝率で見ると、日本人投手の優秀さが目立つ。80試合以上先発したことのある投手のキャリア通算勝率では、岩隈久志(マリナーズ)は.618で現役7位、ダルビッシュは.600で同17位。元中日のチェン・ウェイン(マーリンズ)も.582で同24位となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」