野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス攝津がまたKO 3回6失点で降板

ソフトバンクの攝津正投手がまたもノックアウトされた。29日のオリックス戦(京セラD)。15日の同戦(ヤフオクD)以来となった先発で3回6失点で降板となった。

今季2試合目の先発も結果残せず

 ソフトバンクの攝津正投手がまたもノックアウトされた。29日のオリックス戦(京セラD)。15日の同戦(ヤフオクD)以来となった先発で3回6失点で降板となった。

 初回1死から大城にフルカウントから四球を与えると、安達の右前安打で一、三塁とされ、小谷野の二ゴロで先制点を献上。2回にも先頭のモレルにフルカウントから四球を与えると、駿太に左前安打、若月の犠打で1死二、三塁。宮崎に左犠飛を許し、大城にも中前適時打を許して2点を失った。

 3回も1死から小谷野に右前安打を浴びると、T-岡田にフルカウントの末に四球。中島にも中前安打を許し、満塁とされると、モレルに走者一掃の適時三塁打を浴びた。3ボール2ストライクが多く、カウントを整えるのに苦労し、自らを苦しめた。

 15日は4回3失点でKO。22日の楽天戦(ヤフオクD)では大隣が代わって先発したが、4回途中6失点でKOされた。再び右腕に先発の機会が巡ってきたが、チャンスを生かすことは出来なかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」