野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 指揮官が「希望」 ローテ落ち危機の前田健太を“復調”させた球種とは

指揮官が「希望」 ローテ落ち危機の前田健太を“復調”させた球種とは

ドジャースの前田健太投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのフィリーズ戦で今季5度目の先発マウンドに上がり、7回4安打2失点7奪三振の好投で2勝目(2敗)を挙げた。先発ローテ生き残りに猛アピールしたが、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「カットボールが有効だった」と伝えている。

今季初のHQSで2勝目、地元紙は「カットボールを有効に投じていた」

 ドジャースの前田健太投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのフィリーズ戦で今季5度目の先発マウンドに上がり、7回4安打2失点7奪三振の好投で2勝目(2敗)を挙げた。開幕4戦目まで防御率8.05と苦しんでいたが、昨年7月10日以来のハイ・クオリティー・スタート(7回以上を投げて自責2以内)達成で復調をアピール。先発ローテ生き残りに猛アピールしたが、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「カットボールが有効だった」と伝えている。

 前田が7回を投げきったのは、昨年7月10日のパドレス戦(7回1失点)以来。ハイ・クオリティー・スタートもこの試合以来となった。同紙は「マエダは今季ベストの内容で、昨年7月10日以来の7イニングを投げ抜いたが、カットボールを有効に投じていた」と分析している。

 ここまで4試合は乱調続き。前回登板の22日(同23日)ダイヤモンドバックス戦で自己ワーストの4被弾を浴びるなど5回9安打6失点で2敗目を喫し、地元メディアは先発ローテ落ちの危機を伝えていた。その登板後について、同紙は「(監督の)ロバーツはいくつかの意見を順序立ててマエダに説明し、彼に日本で培ったスタイルを取り戻してほしいということ、さらに今春試していたカッターを加えていくことを希望した」としている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」