野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

V打のハム田中賢、雰囲気の変化実感 「闘争心に火がついた」瞬間とは

日本ハムの田中賢介内野手が29日、本拠地の楽天戦で劇的なサヨナラ打を放った。2-2の同点で迎えた9回2死一、三塁で松井裕のスライダーを右前へ。今季14試合無失点だった楽天の守護神に土をつけた。

「モヤモヤ感」吹き飛ばす今季初の猛打賞

 日本ハムの田中賢介内野手が29日、本拠地の楽天戦で劇的なサヨナラ打を放った。2-2の同点で迎えた9回2死一、三塁で松井裕のスライダーを右前へ。今季14試合無失点だった楽天の守護神に土をつけた。

 お立ち台に上がったベテランの声は、珍しく上ずっていた。

「すごいプレッシャーだったので、ホッとしています。いろんな気持ちがあって……。打たなきゃいけない、それだけですね。相当に緊張しました。10連敗の後の札幌ドーム。何が何でも勝たなきゃいけない試合だったので。帰ってきて最初の試合でこういう勝ち方ができて良かった」。重責から開放され、安堵の笑みを浮かべた。

 最下位の責任を痛感していた。「2番・二塁」で開幕を迎えたものの、精細を欠く場面があり、DHに回ることもあれば、プロ18年目で初めて一塁の守備に就くこともあった。「ポジションが変わるのは難しいけれど、経験だと思ってやってきた」と前向きに取り組んできた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」