野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、九里が3回7失点と大炎上 ロペス満弾などでDeNA打線につかまる

広島の九里亜蓮投手が30日、敵地のDeNA戦で3回までに7失点と大炎上した。

今季は2勝1敗、防御率3.24と好調も粘りきれず

 広島の九里亜蓮投手が30日、敵地のDeNA戦で3回までに7失点と大炎上した。

 今季5度目の先発に臨んだ九里は、立ち上がりこそ簡単に2死を奪ったが、3番・梶谷に四球、続く筒香に右前打で2死一、二塁としたところで、ロペスに中越え二塁打を許し、2点を先制された。

 2回は打者3人で終えたが、再び3回に崩れた。2四死球とレフトへの安打で無死満塁したところで、迎えた4番・筒香に右適時打を許して1失点。なおも無死満塁の場面で、初回に2点先制タイムリーを許したロペスに、レフトスタンドへ4号満塁弾を叩き込まれた。

 3回までに7点を失う大量失点。4回のマウンドにも戻ったが、苦しい戦いが強いられている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中