野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ、西武ウルフの前に為す術なし 頭かきむしる監督「打てなさすぎる」

ロッテは30日、敵地での西武戦に1-2で敗れた。9回にようやく1点を返したものの、西武の先発ウルフには7回を2安打に抑えられ、得点できなかった。

7回を69球で2安打零封、21アウトのうち内野ゴロが13

 ロッテは30日、敵地での西武戦に1-2で敗れた。9回にようやく1点を返したものの、西武の先発ウルフには7回を2安打に抑えられ、得点できなかった。

 伊東監督は、試合後ベンチ裏に出てきて、頭をかきむしる仕草を見せた。天敵のウルフに今季2試合連続で零封された。16日はZOZOマリンで6回を4安打。この日は7回をわずか69球で2安打。13イニングで放った安打は6本だけで、ツーシームとカットボールを打たされ、前回と同じように内野ゴロの山を築いた。7回21アウト中内野ゴロは13個にのぼった。

「打てなさすぎる。結構手元で変化して。チャンスらしいチャンスはほとんどなかった。しょうがないと言う言葉は、何回も使ってきたけれど…。真っすぐと思って打ちにいったら芯を外される。ストライクゾーンに来るボールなので、対処していかなければならない。次は攻略しないといけないと思う」と、伊東監督は声を落とした。

 0-0の3回、先頭の大嶺翔が一塁前へバント安打を決めて出塁した。大嶺は「ベンチの指示です。ひっかけたら内野ゴロになるので、何とかセンター方向への意識で打席に入っている。やるべきことをやって、次回打つしかないです」と話した。

 ベンチもあの手この手と策を講じたが、吉田のバント失敗もあり、三ゴロ併殺打で先制機を潰したのはもったいなかった。

 9回1死で代打・細谷が「打ったのはカットボールで少し変化したが、思い切りいった」と、西武・守護神の増田から今季2号ソロアーチを放ったが、時すでに遅しだった。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」