野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“真のエース”と認められるために―菊池雄星がどうしても投げ勝ちたい投手

菊池雄星にとっては特別な一戦だった。4月28日、千葉ロッテマリーンズ戦。同25日からのビジターでのオリックス戦で3連敗を喫し、ホームに戻ってきたチームの悪い流れを断ち切らなければいけない使命感もあった。だが、それ以上に格別な思いでマウンドに上がったのは、対戦相手投手が、どうしても投げ勝ちたい相手だったからである。

成長の“ものさし”となる存在 西武・菊池が秘める「理想のエース」への思い

 菊池雄星にとっては特別な一戦だった。4月28日、千葉ロッテマリーンズ戦。同25日からのビジターでのオリックス戦で3連敗を喫し、ホームに戻ってきたチームの悪い流れを断ち切らなければいけない使命感もあった。だが、それ以上に格別な思いでマウンドに上がったのは、対戦相手投手が、どうしても投げ勝ちたい相手だったからである。

 2014年からチームが別になっても今なお尊敬してやまない、かつてのライオンズのエース・涌井秀章投手との、2015年9月13日以来の投げ合い。普段は、いかなる球界を代表する各チームのエースとの対戦でも、「僕が打席に立つわけではないので」と、相手投手を意識することはない。日本中が注目する、花巻東高校の後輩であり、日本球界屈指の投手・大谷翔平投手との先発対決ですら、「『大谷だから』という、特別な思いはないですね」と、スタンスを変えることはなかった。

 だが、現千葉ロッテのエースに対しては、自ずと感情移入しないわけにはいかないのである。

 高卒から入団した2010年。プロになって最初に出会った『エース』が、前年度に沢村賞を受賞し、球界の中でも屈指の存在に君臨していた涌井投手だった。その日から、常に「理想のエース像」として目標にしてきた。

「僕にとっては、特別な存在です。ずっとライオンズでエースとして投げていた投手なので、投げ合えることが、僕自身がどれぐらい成長できているかを確かめる“ものさし”にもなると思います」

 前回の対戦では、CS出場を懸けて順位を争う大事な一戦での投げ合いとなり、6回1/3で先にマウンドを降り、敗戦投手となった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中