野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 2017年新人王レース第1回中間予想 セ・パで4月に活躍したルーキーは?

2017年新人王レース第1回中間予想 セ・パで4月に活躍したルーキーは?

ペナントレースが始まって1か月が経過した。今年も新しい顔ぶれがチームの新戦力として活躍し始めている。今年の新人王候補は誰か。第1回の予想をする。

パ・リーグは西武源田、オリ山岡、楽天森原が有力候補か

 ペナントレースが始まって1か月が経過した。今年も新しい顔ぶれがチームの新戦力として活躍し始めている。今年の新人王候補は誰か。第1回の予想をする。

 NPBでは新人王(最優秀新人)の資格として、以下の規定を設けている。

20170502_pa
パ・リーグの新人王資格選手の今季成績

「支配下選手に初めて登録されてから5年以内で、前年までの出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内の選手」

 昨年ドラフトで入団したルーキーだけでなく、2013年以降に支配下登録された選手が対象になるのだ。

 パ・リーグの新人王有資格者の成績は別表の通り。

 西武の2016年ドラフト3位・源田壮亮は、社会人(トヨタ自動車)出身で、即戦力の評判が高かったが、遊撃のレギュラーに定着。守備だけでなく打撃や走塁でも新人らしからぬ活躍。他の選手から頭一つ抜けている。

 オリックスの2012年ドラフト4位・武田健吾は少ないチャンスを活かして10打数4安打。打線は好調だが、外野の一角に割り込むことができるか。

 投手では、オリックスの2016年ドラフト1位・東京ガス出身の山岡泰輔が先発で3試合登板。前回の登板では好投が報われず、初白星を逸したが、防御率2.25と高いレベルを保っている。

 楽天の2016年ドラフト5位・森原康平も社会人(新日鐵住金広畑)出身。セットアッパーとして早くも15試合に投げ、自責点はわずかに1。9ホールドを挙げている。ロッテの2016年ドラフト1位・桜美林大の佐々木千隼は、新人の先頭を切って初登板初白星を挙げた。

 パの新人王争いは今のところ西武の源田、オリックスの山岡、楽天の森原が有力候補と言えよう。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中