野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2連敗で最下位転落ロッテ伊東監督が選手入れ替え示唆「若い力を試したい」

ロッテは3日、敵地での日本ハム戦でサヨナラ負けを喫し、最下位に転落した。

20170314_ito

3回に1点先制するも追加点なし「相変わらず打線が機能しなかった」

 ロッテは3日、敵地での日本ハム戦でサヨナラ負けを喫し、最下位に転落した。

 先発のスタンリッジ投手は6回5安打1失点と粘投し、1-1のまま勝負を終盤に持ち込んだ。7回から大谷智久投手、内竜也投手と完璧リリーフでつないだが、9回に守護神の益田直也投手が打ち込まれた。

 12球団で唯一チーム打率2割を下回っている打線は、3回に細谷圭内野手の適時二塁打で先制したものの、得点はこの1点だけ。日本ハムの5投手から、わずか5安打で10三振を重ねた。

「行けるかなと思ったけれど、相変わらず打線が機能しなかった。落ちるところまで落ちて、這い上がるしかない」と、伊東勤監督は必死に前向きな言葉を探った。好転の兆しが見えない苦境にあって、さらなる選手の入れ替えを示唆。「引っ張っていくべき選手が沈んでいる。奮起を願うしかない。入れ替えながら、新しい人を使って、若い力を試したい」と明るい光を求め続ける。

【了】

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング