野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

移籍後初の“直接対決”が実現か 7日の大型連休最終日に楽天岸vs西武打線

4月30日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム戦。23日の試合開始直前に登板を回避し、14日ぶりのマウンドに上がった試合で、楽天・岸投手は7回109球を投げ、被安打5、奪三振8、与四球1、1失点の好投。勝敗

FAで楽天移籍の右腕が、初めてメットライフドームのマウンドへ?

 4月30日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム戦。23日の試合開始直前に登板を回避し、14日ぶりのマウンドに上がった試合で、楽天・岸投手は7回109球を投げ、被安打5、奪三振8、与四球1、1失点の好投。勝敗こそつかなかったものの、試合を作り、チームは9回に勝ち越し点を奪って勝利した。

 順番通り、そしてこのまま順調にいけば、次の登板は大型連休の最終日、5月7日のメットライフドームでの登板が最有力。10年間、慣れ親しんだマウンドに岸が上がり、古巣・埼玉西武打線と対峙することになる。

 岸は、2006年の大学生・社会人ドラフトの希望枠で西武に入団。1年目からいきなりローテーション入りし、11勝を挙げる活躍を見せる。新人王は高卒ルーキーの田中将大投手(当時楽天)に譲ったものの、連盟特別表彰として優秀新人賞を獲得。その後も150キロ前後の伸びのある直球に加え、打者の目線から消える魔球・カーブで勝利を積み重ね、記録した2桁勝利は10年で7度を数えた。

人気記事ランキング