野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が初回に打者一巡の猛攻で5点先制、四球含む5連打で西武野上を襲う

楽天は6日、敵地での西武戦で、初回に打者一巡、一挙5点を先制する猛攻を見せた。

20160404_nashida

前日は菊池の前に打線沈黙も一夜で復活

 楽天は6日、敵地での西武戦で、初回に打者一巡、一挙5点を先制する猛攻を見せた。

 前日は西武のエース左腕・菊池に抑え込まれた楽天打線だが、初回から大暴れした。1回1死から2番ペゲーロがセンターへの二塁打で出塁すると、続く島内が中堅への二塁打で続き、まず1点。これにウィーラーが左前打で続いて1死一、三塁とすると、銀次はストレートの四球を選んで満塁となる。ここで聖澤が左翼二塁打、岡島が中堅三塁打で畳みかけ、西武の先発・野上から一挙5点を奪った。

 開幕以来好調の楽天が、この日も幸先のいいスタートを切った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング