野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ゴールデンウィーク中のNPB観客動員は160万人、平均観客数、動員率ともに微増

ゴールデンウィーク中のNPB観客動員は160万人、平均観客数、動員率ともに微増

4月29日(祝)から5月7日(日)までのゴールデンウィーク9日間で、NPBの観客動員数はセパ両リーグ合わせて159万8714人だった。昨年は4月29日(祝)から5月8日(日)までの10日間で175万7020人。日数が違うため、単純比較はできないが、平均観客数、動員率とも微増した。

パ・リーグは成績不振の日本ハム減少、ソフトバンクは大幅増

 4月29日(祝)から5月7日(日)までのゴールデンウィーク9日間で、NPBの観客動員数はセパ両リーグ合わせて159万8714人だった。昨年は4月29日(祝)から5月8日(日)までの10日間で175万7020人。日数が違うため、単純比較はできないが、平均観客数、動員率とも微増した。

 パ・リーグ主催試合の観客動員数と動員率(観客動員÷球場定員)は図の通り。

20170509_pa
パ・リーグ主催試合の観客動員数と動員率

 昨年、4万1138人の満員札止めを3日間出した日本ハムは、今年の動員率は85%だった。1試合当たりの観客数は6000人以上減少。昨年は2試合で大谷翔平が本塁打を打つなど主力選手が健在だったが、今季は下位に低迷しているのが響いたか。

 ソフトバンクは、大きく観客動員を伸ばした。動員率が95%を超えて、3試合ほぼ満員の盛況だった。ロッテは絶不調にもかかわらず、平均観客数は大幅に伸びている。西武、楽天も観客動員が増加。オリックスは1試合当たり1800人ほど減少した。

 パ・リーグ全体では、平均観客動員は3万人の大台に乗り、動員率も1.5ポイントアップした。

人気記事ランキング