野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 2000年以降“最も恐ろしい8打者”にマニーら イチローは打撃高評価も選外

2000年以降“最も恐ろしい8打者”にマニーら イチローは打撃高評価も選外

2000年以降の“最も恐ろしい打者”8選手を米メディアが選出し、現在、独立リーグ・四国アイランドリーグ(IL)plusの高知でプレーするマニー・ラミレスらが選ばれた。一方、2001年以降、10年連続で200安打以上を放ったマーリンズのイチロー外野手は打撃技術を称賛されながらも“落選”となっている。

2000年以降“最も恐ろしい8打者”にマニーら、米メディア特集

 2000年以降の“最も恐ろしい打者”8選手を米メディアが選出し、現在、独立リーグ・四国アイランドリーグ(IL)plusの高知でプレーするマニー・ラミレスらが選ばれた。一方、2001年以降、10年連続で200安打以上を放ったマーリンズのイチロー外野手は打撃技術を称賛されながらも“落選”となっている。

 今回、特集記事を掲載したのは米FOXスポーツ電子版。2000年以降、メジャーで破壊力を誇った打者を8選手選んだ。いずれもそうそうたるメンバーでラミレスを筆頭にバリー・ボンズ、アルバート・プホルス、デビッド・オルティズ、ブラディミール・ゲレーロ、アレックス・ロドリゲス、ミゲル・カブレラ、デレク・ジーターを選出している。

 今年日本の独立リーグで現役復帰したラミレスはインディアンス、レッドソックスなどでプレーしたメジャー時代、通算8244打数2574安打で打率.312、555本塁打、1831打点をマーク。首位打者1回、本塁打王1回、打点王1回、ワールドシリーズMVPなどに輝いた。寸評では「彼は史上最も偉大な右打者の1人であり、生まれながらにしてのヒッティング・マシーンである」と評し、現役時代の成績に触れつつ、「キャリア通算111試合経験したポストシーズンにおいて29度本塁打を放っている」と付け加えている。

 そのほかの選手たちの主な打撃成績は以下の通り(※は現役選手)。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」