野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA平良が2回KO、ドラ6尾仲も広島にリベンジならず課題残る内容に

DeNAの平良が18日の広島戦(マツダ)に先発したが2連勝はならなかった。前回10日の中日戦で5回3安打1失点の内容でプロ初勝利をマーク。しかし、この日は強力な広島打線につかまり、2回を投げて降板。チームも2-9で敗れ、平良は今季初黒星を喫した。

前回プロ初勝利の平良、2回6失点で2連勝ならず

 DeNAの平良が18日の広島戦(マツダ)に先発したが2連勝はならなかった。前回10日の中日戦で5回3安打1失点の内容でプロ初勝利をマーク。しかし、この日は強力な広島打線につかまり、2回を投げて降板。チームも2-9で敗れ、平良は今季初黒星を喫した。

 沖縄出身のプロ4年目右腕が赤ヘル打線に飲み込まれた。1回に味方打線に2点をもらったが、その裏に1死から菊池のレフト前、丸への四球で一、二塁とされると、鈴木の右中間への二塁打で1点。さらに二、三塁から安部がレフト前を放ち、2者が生還。あっさりと逆転された。會澤にも中越えの適時二塁打を許し、この回だけで4点を奪われた。

 2回には2死から菊池の放った高いバウンドのゴロを遊撃の倉本が失策。次打者の丸がライトへの7号2ランを放った。

 3回からはドラフト6位の尾仲がマウンドへ。平良は2回を7安打、6失点でのKOとなり、「ブルペンから調子自体は悪くなかったですが、試合に入りカウント負けしてしまい、甘くなったところを打たれてしまいました。先制してくれた野手の皆さんと、早いイニングでの降板となってしまい、中継ぎ陣の皆さんに申し訳ないです」と悔しがった。

 2番手の尾仲は16日の広島戦の7回途中から登板。7回は切り抜けたが、8回は4安打3四球で5失点したばかり。この日は再び広島打線に挑む形となった

 3、4回は1安打に抑えたが、打線が2巡した5回につかまった。1死から安部への四球後、エルドレッドに11号2ランを許すなど4安打で3点を与えると、6回からは加賀と交代した。尾仲は3回を5安打、3失点で77球。課題の残る内容で、リベンジを果たすことはできなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング