野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロ2戦目の広島右腕が見せた抜群の対応力「勇気を持って変えてよかった」

広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に9-2で勝利し、2カード連続の勝ち越しとなった。ミスが重なり逆転負けを喫した前夜の嫌なムードを払拭する快勝に、緒方監督は「昨日はもう終わったこと。反省はするが引きずりはしない。これからもウチらしい守り勝つ野球をやるだけ」と切り替えを強調した。

初回2失点も2勝目挙げた中村祐

 広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に9-2で勝利し、2カード連続の勝ち越しとなった。ミスが重なり逆転負けを喫した前夜の嫌なムードを払拭する快勝に、緒方監督は「昨日はもう終わったこと。反省はするが引きずりはしない。これからもウチらしい守り勝つ野球をやるだけ」と切り替えを強調した。

 立ち上がりに、今季2度目の先発となった中村祐が、先頭打者への四球からいきなり2点を献上した。緒方監督は「試合の入りが悪かったのが次への課題」と苦言も呈したが、「他の投手との兼ね合いもあるが、次の登板機会までにしっかり考えて欲しい」と、次回登板への期待も見せた。

 通常はワインドアップから投げる中村祐だが、立ち上がりの不調からセットポジションでの投球に切り替え、2回以降はベイスターズに得点を許さなかった。「冷静に、力まないようにと思ったが、頭と体が一致しなかった」という中村祐は「(投球フォームを)変えなければ、そのままズルズルいってしまったかもしれない。勇気を持って変えてよかった」と、プロ2戦目とは思えぬ対応力で2勝目をものにした。

人気記事ランキング