野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「小さくなっていった」打撃改善 ハム大田泰示が本塁打量産態勢へ

日本ハムの大田泰示外野手が19日、本拠地でのオリックス戦でシーズン自己最多となる5号3ランを放った。広い札幌ドームのバックスクリーン右へ飛び込む特大の一発が飛び出したのは3点リードで迎えた3回無死一、二塁の場面。考えていたことはシンプルだった。

20170520_ohta

コーチの言葉も後押し、特大3ランに自身も「ビックリ」

 日本ハムの大田泰示外野手が19日、本拠地でのオリックス戦でシーズン自己最多となる5号3ランを放った。

「同じスポーツだけど別物」 千賀滉大がWBCで痛感した「世界との違い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 広い札幌ドームのバックスクリーン右へ飛び込む特大の一発が飛び出したのは3点リードで迎えた3回無死一、二塁の場面。考えていたことはシンプルだった。

「流れを止めてしまうので、とにかくゲッツーだけにはならないようにと」。最低でも走者を進めるため、イメージしたのは右方向への外野フライ。「インコースは難しいので、割り切っていきました」。

 金子誠打撃コーチの一言も後押しになった。「誠さんにも“そういう気持ちで行って来い”と言われたので、気持ち的に楽に、自分のスイングができました」

人気記事ランキング