野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト初4連勝、首位阪神に勝ち越し 小川が粘投4勝目&山田が5号3ラン

 ヤクルトは20日、本拠地での首位・阪神戦に8-3で勝利し、今季初の4連勝を飾った。先発・小川が7回途中7安打3失点の粘投で4勝目(2敗)。打線は3回に好調・雄平が逆転タイムリーを放つと、6回には山田が5号3ランを放つなど、阪神を突き放した。阪神は先発・藤浪が3回0/3を3安打ながら5四死球4失点と乱調で、3連敗となった。

好調・雄平が逆転タイムリー、阪神は先発・藤浪が乱調で3連敗

 ヤクルトは20日、本拠地での首位・阪神戦に8-3で勝利し、今季初の4連勝を飾った。先発・小川が7回途中7安打3失点の粘投で4勝目(2敗)。打線は3回に好調・雄平が逆転タイムリーを放つと、6回には山田が5号3ランを放つなど、阪神を突き放した。阪神は先発・藤浪が3回0/3を3安打ながら5四死球4失点と乱調で、3連敗となった。

 小川は2回、先頭・原口に二塁打を許すと、続く鳥谷にはセンター前に運ばれ、先制点を奪われた。しかし、ヤクルトは藤浪の2四球と暴投で2死二、三塁とすると、雄平がライトへ逆転タイムリー。さらに、2死一、二塁となってから今浪がライトへ2点タイムリースリーベースを放ち、この回一挙4点を奪った。

 小川は5回1死二塁のピンチを背負うも、中谷、高山を連続見逃し三振で無失点。6回は先頭・上本にヒットを許したが、糸井を併殺に仕留めて3人で攻撃を終わらせた。すると、その裏に山田がライトへ3ラン。ヤクルトが7-1と大きくリードを広げた。

 7回、小川は3本のヒットで1死満塁とピンチを背負う。ヤクルトはここで近藤を投入。中谷に押し出し死球、高山は犠飛で2点を返されるも、上本は遊ゴロでリードを守る。

 ヤクルトはその裏、中村のタイムリーで1点を追加。8、9回はギルメットが抑え、8-3で勝利。首位阪神に勝ち越しを決め、4連勝を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中