野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ超えも― 進化し続ける楽天・則本昂大の奪三振率

今季も奪三振能力の高さを証明しているのが、25日のオリックス戦でプロ野球タイ記録となる6試合連続2桁奪三振を達成した楽天・則本投手だ。

6戦連続2桁K、則本はどれだけ三振の数を積み上げるか――

「81球で27奪三振よりも27球で試合を終わらせる方がいい」。多くの投手がそう口にしてきたように、計27打者を1人1球ずつで打ち取り、試合を終わらせるのはピッチングの究極だろう。すべての打者を三振に仕留めて81球を費やすよりも、圧倒的に時間と負担がかからないからだ。ただ、実現度の点を考慮するとどうだろうか。いずれも達成困難……というより、一生をかけても拝めなさそうな投球であることに変わりはないが、わずかながら可能性が見出せるのは「81球」の方だ。「27球」は打者に投球を見送られた時点で可能性がついえるため、投手個人の力量が図抜けているだけでは実現できない。対して「81球」は、投手と相手打線の実力に大きな隔たりがあれば、考えられなくはない偉業ではある。

 今季も奪三振能力の高さを証明しているのが、25日のオリックス戦でプロ野球タイ記録となる6試合連続2桁奪三振を達成した楽天・則本投手だ。

 4月19日こそ白星を逃したが、以降の5先発では5連勝を飾り、首位を走るチームの原動力となっている。昨季まで3年連続で奪三振王に輝いている則本は今季の78奪三振もリーグトップで、4年連続同タイトル獲得となれば史上4人目の快挙だ。このハイペースで三振を奪い続ければ、21世紀のシーズン最多記録更新も夢ではない。ここでは、2000年以降のシーズン奪三振記録トップ20をマークした選手とその成績を紹介する。(※●はリーグ最多)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」