野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトB、2年連続で治らぬ「病」 ロッテに並び12球団ワーストになった課題

今季も、あの「問題」に悩まされるのか。現在、パ・リーグの2位につけるソフトバンクだが、昨季リーグワーストだった数字が、ここに来て悪化の一途を辿り始めた。

バンデンハーク2被弾で日ハムに完敗、12球団ワーストの47被本塁打に

 今季も、あの「問題」に悩まされるのか。現在、パ・リーグの2位につけるソフトバンクだが、昨季リーグワーストだった数字が、ここに来て悪化の一途を辿り始めた。

 25日のロッテ戦(ヤフオクD)。先発の中田が3本の本塁打を浴びるなど、4回7失点でKO。後を受けた加治屋、笠原も1本ずつの本塁打を許して、今季ワーストの5被弾で大敗した。

 札幌に舞台を移して戦った26日の日本ハム戦(札幌D)。先発はオランダ代表としてWBCに出場したバンデンハークだったが、頼りの右腕も炎上した。2回にレアードにソロを許すと、3回には同点に追いつかれた後に、大田に勝ち越しの2ランを浴びた。

 25日の5被弾、そして26日の2被弾で、今季の被本塁打は47本に。これで13勝32敗の借金20で最下位に沈むロッテと同数となり、12球団でワーストに。被本塁打40を越えているのですら、この2球団だけである。ここ5試合だけで10本を打たれ、5月だけで25本塁打。あと5試合を残している現段階で、3、4月の22本を大きく上回ってしまっている。

 球場別で見ると、本拠地ヤフオクドームが20試合で28被本塁打。その他の球場では27試合で計19本。昨季から設置されたホームランテラスがあるため、本拠地での本塁打が増えるのは仕方がないのだろう(現にチーム本塁打も27本と、他球場の23本を上回る)が、それでも、昨季の1.15本(65試合で75被本塁打)を上回る1試合平均1.4本は、いささか多すぎる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」