野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ清田、“会心”のフェンス直撃サヨナラ打 井口からは「中途半端だな」

「プレミアムフライデー」をロッテ清田がド派手に演出した。26日のオリックス戦。4-4で迎えた9回、守護神・平野から2死二、三塁で左翼フェンス直撃のサヨナラ打を放ち、右手を高々とあげた。

本人は柵越え確信もフェンス直撃、貴重な一打「ワクに負けがつかなくてよかった」

「プレミアムフライデー」をロッテ清田がド派手に演出した。26日のオリックス戦。4-4で迎えた9回、守護神・平野から2死二、三塁で左翼フェンス直撃のサヨナラ打を放ち、右手を高々とあげた。

 お立ち台では「根元さんがフォークをうまく打ったので、俺には真っすぐ来いと、ストレートを待っていた」と振り返った清田。150キロをジャスミート。本人はフェンス越えと思ったが、打球はフェンス上部の金網にあたり、ベンチに帰って井口から「中途半端だな」と冷やかされたが、祝福のウォーターシャワーに喜びがあふれた。

 1割台に低迷してきた打率も、この日の3安打で.217まで上がってきた。打席でタイミングが自然と取れ始めている。「自信をもって打席に入れるようになった」と言う。山下、堀打撃コーチからも「堂々と打席に入れ。小さくなるな」とアドバイスされている。

 悩みの中で、自分と同じように、足をあげてタイミングをとる選手の動画も見続けている。最近では西武の浅村。「常にフルスイングできる状態で打席に入るのは、見てていても怖い。凄いと思う」と話した。守備でもいいプレーを見せるなど、好守にチームを引っ張っているが「一日1本じゃ足りない。2本打たないと。ワク(涌井)に負けがつかなくてよかった。この打率で(スタメンに)使ってもらっている。ひとつずつ(借金を)根気よくかえしたい」とサヨナラのヒーローは謙虚だった。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

人気記事ランキング