野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 会心のジョークが空振り三振!? ロッキーズ名手従弟がマイナーで珍プレー

会心のジョークが空振り三振!? ロッキーズ名手従弟がマイナーで珍プレー

会心のジョークを認めてもらえず大恥を掻くことはあるが、マイナーで球審との“ユーモア感覚”のズレから生まれた悲しい珍プレーが起きた。

対戦投手が投げ損じ、地面を転がるボールを一振り…

 会心のジョークを認めてもらえず大恥を掻くことはあるが、マイナーで球審との“ユーモア感覚”のズレから生まれた悲しい珍プレーが起きた。

 舞台となったのは、26日(日本時間27日)に行われた2Aハートフォード-ビンハムトンの一戦だ。8回表、2死走者なしの場面で打席に立ったのは、ロッキーズ傘下2Aハートフォードの三塁手フエンテス。対する投手はメッツ2Aビンハムトンの右腕バーンズだった。

 マウンド上のバーンズはカウント1-2から投球モーションに入ったが、リリース直前で体勢を崩してしまった。マウンドの少し先に叩きつけられたボールは、一塁線上に向かってコロコロと転がる。投手にとっては、何とも格好の悪い場面だが、これをジョークで和ませようと思ったのが、打席に立つフエンテスだった。

 捕手が立ち上がってボールを取りに行くのを見ると、打席で空振りするジェスチャーを披露。だが、これを見逃さなかった球審は、空振り三振を宣告。ジョークのつもりだったフエンテスは球審の方を振り向くと「まさか」という表情で抗議した。だが、ボールはデッド状態になっておらず、フエンテスも打席を外していなかったため、ジョークのつもりの空振りで三振を喫する“珍プレー”が発生してしまった。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」では、この様子を映像で紹介。「ただのフレンドリーなジョークのつもりだったのに。どうなったかって? 空振りが認められ、フエンテスはアウトになってしまった」と、悲しい結末を報告。ジョークが通じなかった悲しさに加え、フエンテスは試合に敗れるという悲しさも味わってしまった。

 実はこの若手有望株のフエンテス、名手で沸かせるロッキーズ三塁手アレナドの従弟だという。尊敬する従兄はスーパープレーで注目を集めるが、フエンテス自身は“珍プレー”で話題に。気の利いたジョークのつもりが大きな代償を払うことになってしまったようだ。

人気記事ランキング