野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス24歳捕手のスローイングがスゴイ 圧巻送球で名捕手超えの可能性も

驚異的な数字だった。7割1分4厘。この確率、一体、何の数字であるか、お分かりになるだろうか? 12球団を見渡してもダントツのトップ。2位以下に3割以上の差をつけていた。実はこれ、ソフトバンクで急成長を遂げている捕手、甲斐拓也の26日時点での盗塁阻止率である。

観客驚嘆、他球団に脅威…一見の価値あるソフトバンク甲斐の圧巻送球

 驚異的な数字だった。7割1分4厘。この確率、一体、何の数字であるか、お分かりになるだろうか? 12球団を見渡してもダントツのトップ。2位以下に3割以上の差をつけていた。実はこれ、ソフトバンクで急成長を遂げている捕手、甲斐拓也の26日時点での盗塁阻止率である。

【動画】盗塁阻止だけでなく三塁牽制でも驚愕の送球…ホークス・甲斐の強肩ハイライト!

 23日のロッテ戦(ヤフオクD)。この日の先発だった東浜の立ち上がりは不安定だった。いきなり先頭の荻野貴に四球。その荻野貴は、1死から3番・根元の2球目でスタートした。これも甲斐は完璧な送球で刺した。リーグ屈指の俊足である走者にもかかわらず、悠々のアウト。「拓也に助けてもらって、すごく楽になった」と右腕。制球の定まらなかった立ち上がりを救い、ゲームの流れを大きく引き寄せる隠れたファインプレーだった。

 昨季のパ・リーグの阻止率トップは西武・炭谷の.317。セ・リーグは巨人・小林の.357だった。一般的には4割近くあれば、優秀と言われる盗塁阻止率で、甲斐の数字は驚異的だ。盗塁阻止率が記録されるようになった1969年以降の記録を見ると、これまでのシーズン最高記録は1993年のヤクルト・古田敦也が記録した.644(45企図29盗塁刺)。パ・リーグの最高は1979年の梨田昌孝(現楽天監督)の.536(69企図37盗塁刺)である。

 盗塁阻止率の記録は、チーム試合数の半数以上に出場していることが条件となる。今季49試合中28試合に出場し、うち18試合で先発マスクを被っている甲斐。26日時点では、許した盗塁は2つだった。そこまでは7回企図され、うち5回を刺していたことになる。

人気記事ランキング