野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB東浜、2失点完投で6勝目 試合後に明かした自信と今後への「課題」

30日の中日戦、ソフトバンクの先発・東浜巨は9回2失点で完投勝利。6勝目でハーラートップに並んだ。東浜は、これで7試合連続のクオリティースタート(6回以上を投げて自責3以下)。今や千賀滉大と並び、誰もが認める先発の柱となった。

20170227_higashihama

今や千賀と並ぶ先発の柱、「狙って取れた」連続三振にはガッツポーズ

 30日の中日戦、ソフトバンクの先発・東浜巨は9回2失点で完投勝利。6勝目でハーラートップに並んだ。東浜は、これで7試合連続のクオリティースタート(6回以上を投げて自責3以下)。今や千賀滉大と並び、誰もが認める先発の柱となった。

「疲れはあるが、最後まで一人で投げ切れたのはよかったと思う。でも、あれだけ点を取ってもらったので、今日は最後まで投げないと怒られると思って投げたし、ホームラン2発がもったいないと思いつつも最後まで切らさずに投げられた」

 8回表には1死満塁のピンチを背負いながらも、4番ビシエド、5番ゲレーロから連続三振を奪って、マウンドを降りる際には拳を強く握った。

「いくら点差があるとはいえ(試合が)締まらないので、意地でも三振をと思って投げた。狙って取れたというのはよかったと思う」

 昨年の自分自身と比べて「イニングが伸びてきているし、後半でもボール(の質)が落ちずに投げられている」と自信を語る一方で「今は体が元気な状態なのでできていること。これから夏場に入ってどうしていくかが課題」と、昨年の反省を踏まえて先を見据える。

 このカードは、ヤフオクドームの屋根を開けた状態で試合を行うルーフオープンシリーズ。東浜にとっては初めての体験だが「やっぱりボールは飛ばないと感じた。なのに2本もホームラン打たれた」と報道陣を笑わせながら「違った雰囲気で投げられたので新鮮だった」と微笑んだ。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング