野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人エース菅野が大炎上 “乱調”続かないのも好投手の条件

巨人の菅野智之投手が5月30日の交流戦初戦、楽天戦で5回を投げて10被安打、満塁弾含む2被本塁打で8失点(自責点6)と炎上し、2敗目を喫した。

楽天戦で8失点と崩れた巨人・菅野

 巨人の菅野智之投手が5月30日の交流戦初戦、楽天戦で5回を投げて10被安打、満塁弾含む2被本塁打で8失点(自責点6)と炎上し、2敗目を喫した。

 前日29日までの防御率は1.58、セ・リーグ1位だったが、30日の大炎上で2.26まで下がり、5位に沈んだ。菅野は防御率のタイトルを2度獲得するなど、当代屈指の好投手だが、それでも大量失点することはなくはない。キャリアで、自責点6以上を記録した試合は6試合ある。

2016年6月24日DeNA戦(横浜スタジアム)
●2.1回52球11被安打1被本塁打、9失点(自責点9)

2014年7月25日中日戦(ナゴヤドーム)
●4.1回65球8被安打2被本塁打、8失点(自責点7)

2013年8月18日中日戦(東京ドーム)
●2.1回70球10被安打2被本塁打、7失点(自責点7)

2017年5月30日楽天戦(Koboパーク宮城)
●5回119球10被安打2被本塁打、8失点(自責点6)

2013年9月28日DeNA戦(横浜スタジアム)
●3.2回81球8被安打1被本塁打、7失点(自責7)

2014年7月1日広島戦(マツダスタジアム)
―6.2回120球10被安打2被本塁打、6失点(自責点6)

(※●は黒星、―は勝敗つかず)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中