野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム斎藤佑樹623日ぶりの勝利に笑顔! 主砲中田が3安打5打点の援護

日本ハムの斎藤佑樹投手が31日、本拠地でのDeNA戦に先発し、623日ぶりの勝利を手に入れた。5回0/3を投げて5安打2奪三振1失点と好投すると、主砲・中田のバットが3安打5打点と爆発。背番号「1」に待望の白星をプレゼントした。

今季2度目の先発で待望の白星飾る

 日本ハムの斎藤佑樹投手が31日、本拠地でのDeNA戦に先発し、623日ぶりの勝利を手に入れた。5回0/3を投げて5安打2奪三振1失点と好投すると、主砲・中田のバットが3安打5打点と爆発。背番号「1」に待望の白星をプレゼントした。

 斎藤は、初回に2死からロペスに中前打されるも、筒香を二ゴロに仕留めて無失点。2回と3回を連続で3者凡退とすると、4回も走者を三塁まで進めながらも失点しなかった。5回には、2死二塁から許した倉本の左前打で二塁走者が本塁を目指したが、左翼・大田の好返球でアウト。6回先頭の桑原に左翼へ二塁打を許したところで81球を投げて降板した。

 好投する右腕を援護したのは主砲だ。初回にレフトへタイムリーを運んで先制点を入れると、5回裏には左翼への二塁打で2点を追加。7回にも2点二塁打を左翼へ運び、3安打5打点と爆発した。

 DeNAは6安打するも決め手に欠いて、わずか1得点。先発の熊原は5回3失点と粘投したが、勝利は遠かった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング