野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • イチローバットで2戦連発のマ軍同僚が“プラン変更”!? 「折れるまで使う」

イチローバットで2戦連発のマ軍同僚が“プラン変更”!? 「折れるまで使う」

マーリンズのマルセル・オズナ外野手が、イチロー外野手の「魔法のバット」を使い続けることを決めたと、米メディアが伝えている。

20170601_ozuna

イチローからもらった「魔法のバット」で大活躍、その後に“永久保存”すると明かすも…

 マーリンズのマルセル・オズナ外野手が、イチロー外野手の「魔法のバット」を使い続けることを決めたと、米メディアが伝えている。

 オズナは5月30日(日本時間同31日)のフィリーズ戦でイチローからもらったバットで13号ソロを含む3安打と大活躍。同じバットで臨んだ翌31日(同6月1日)のフィリーズ戦でも初回にライトへ14号先制2ランを放つなど、3安打3打点と結果を残した。

 地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版は、オズナが31日の試合後に「またホームランを打てたから、もうこれでおしまいってことにしたんだ」と話し、本塁打を放った直後にイチローのバットを使うことをやめたと紹介。イチローのサインをもらって自宅の壁に永久保存する予定だと明かしたことを伝えていた。「魔法のバット」は“引退”と思われていたが、一夜明けて考えを変えたようだ。

 地元紙「サン・センチネル」は「(オズナは)火曜日と水曜日にイチローのバットを使い6打数4安打2本塁打を記録した。彼は2本塁打を放った後、バットを”引退”させ家に飾るつもりと言い、バットを使うのをやめた。 木曜日(1日=日本時間2日)の試合(ダイヤモンドバックス戦)前、彼は考えを変えた。『折れるまで使うつもりだよ』。彼は言った」と“プラン変更”を伝えている。

 これに対して、ドン・マッティングリー監督も「ジーターのような男は決して違うものは使わなかった。彼は、プレーを始めて使った最初のバットを変えることはなかった。同じメーカー、同じ長さ、同じ重さだよ。他の選手は、満足いくものなら何でも手に取っていたよ」と、オズナに“賛同”したという。

 1日(同2日)のダイヤモンドバックス戦では4打数無安打2三振に終わったオズナ。チームも2-3で敗れたが、今後もイチローからもらったバットを「折れるまで使う」ことになるのか。地元メディアも注目している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング